ブーン・ピケンズ氏、エネルギー取引ファンドから撤退

近年は天然ガスや風力発電などエネルギー投資に注力し、中東産油国に頼らずにエネルギーの自給を目指す米国のエネルギー政策の旗振り役でもあった。 米国内のエネルギー生産拡大で原油価格のボラティリティが低下したこともあり「私は、支援した米エネルギー政策の成功の犠牲者でもある」と語った。米ヘッジファンド ...

情報元 - ブーン・ピケンズ氏、エネルギー取引ファンドから撤退  :日本経済新聞

ブーン・ピケンズ氏、エネルギー取引ファンドから撤退  :日本経済新聞
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る