波力発電」安定供給の道、沖縄の大学が小型装置

沖縄科学技術大学院大学(沖縄県恩納村)の研究室が、海岸に打ち寄せる波のエネルギーを活用した「波力発電」の装置を開発した。消波ブロックなどの上にプロペラを備えた小型の装置を設置し、波の力で回して電気を起こす。実用化に向け、インド洋の島国・モルディブ政府と覚書を交わしており、5月上旬から同国の島で ...

情報元 - http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20180424-OYS1T50034.html

http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20180424-OYS1T50034.html
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る