九州の揚水発電、太陽光発電の普及により昼間の余剰電力を使ったくみ上げが増加

水力発電の一種に、電力が余っているときにその電力で水を高地にくみ上げ、必要時にその水を放水して水車を回し発電する揚水発電がある。今までは夜間に ...

情報元 - 九州の揚水発電、太陽光発電の普及により昼間の余剰電力を使ったくみ上げが増加(2017年10月17日) - エキサイトニュース

九州の揚水発電、太陽光発電の普及により昼間の余剰電力を使ったくみ上げが増加(2017年10月17日) - エキサイトニュース
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る