【日本のエネルギー、150年の歴史②】国の屋台骨として、エネルギー産業は国家の管理下に

そんなジレンマを打破する一手として、東京電燈(東京電力の前身)は、大規模水力発電を建設します。アメリカから導入した「超長距離送電技術」によって、遠く ...

情報元 - 【日本のエネルギー、150年の歴史②】国の屋台骨として、エネルギー産業は国家の管理下に|ショート記事|スペシャルコンテンツ|資源エネルギー庁

【日本のエネルギー、150年の歴史②】国の屋台骨として、エネルギー産業は国家の管理下に|ショート記事|スペシャルコンテンツ|資源エネルギー庁
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る