東北大と東北特殊鋼、クラッド鋼板開発 様々な振動から発電する新素材

このクラッド構造によって、鉄・コバルト系磁歪材料単独の場合よりも、数倍から20倍以上の振動発電出力を実験で確認。 加えて、電磁力学場の数値シミュレーションにより増幅機構解明にも成功。増幅の仕組みをモデル化できたことは、今後の実用化研究を加速させる。 身のまわりの生活振動や工場設備などの微小な振動を ...

情報元 - https://www.zaikei.co.jp/article/20180218/427113.html

https://www.zaikei.co.jp/article/20180218/427113.html
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る