JDI、アクセル、スズキなど

みずほ証券は投資判断を「買い」から「中立」に格下げし、目標株価も6500円から4400円に引き下げへ。火力発電を取り巻く受注環境は想定以上の厳しさに直面、向こう2年程度は低調な推移が続くと予想しているもよう。競争激化によるプラントの採算低下やアフターサービスの減少などが20.3期以降の業績に影響を与える ...

情報元 - https://www.47news.jp/economics/news_report/852339.html

https://www.47news.jp/economics/news_report/852339.html
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る