南アフリカ共和国メデュピ発電所向けボイラー3基目を引き渡し 出力80万kWの超臨界圧石炭火力発電

エスコム社の商業運転開始見通しから約8ヵ月の繰り上げを実現 ◇ 総出力960万kWの世界最大級石炭火力プロジェクトでクシレ発電所向けと併せ通算4基目. 2017年12月8日発行 第185号. 三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は、南アフリカ共和国の電力会社であるエスコム社(Eskom Holdings SOC Ltd.)が建設を ...

情報元 - http://www.mhps.com/jp/news/20171208.html

http://www.mhps.com/jp/news/20171208.html
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る