日本の再エネ比率を2050年に「5~6割」へ、経産省が参考値を提示

化石燃料を利用する火力発電については、供給力や調整力、慣性力といった利点を持つ一方、脱炭素化が課題となる。そこでCO2の分離回収技術や ...

情報元 - 日本の再エネ比率を2050年に「5〜6割」へ、経産省が参考値を提示 - スマートジャパン

日本の再エネ比率を2050年に「5〜6割」へ、経産省が参考値を提示 - スマートジャパン
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る