将来の電力、9割強確保 容量市場が初入札 価格に課題

市場創設の目的である火力発電などの新設・更新費用の確保には一定の効果があったものの、容量の買い手である電力の小売事業者からは約定価格に ...

情報元 - 将来の電力、9割強確保 容量市場が初入札 価格に課題  :日本経済新聞

将来の電力、9割強確保 容量市場が初入札 価格に課題  :日本経済新聞
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る