エネルギー問題の「不都合な真実」 価値観抜きのリアリズム必要 中部大特任教授 細川昌彦

日本が輸出しなければ、中国の低効率石炭火力が輸出されるのが現実だ。 ドイツ礼賛も横行している。2000年に「固定価格買い取り制度(FIT)」導入後、ドイツでは風力など再生可能エネルギーが急速に普及した。しかし、同時に変動が不可避の再生エネを調整する電源が必要になり、国産石炭による火力発電を活用してきた ...

情報元 - 【日曜経済講座】エネルギー問題の「不都合な真実」 価値観抜きのリアリズム必要 中部大特任教授 細川昌彦(1/5ページ) - 産経ニュース

【日曜経済講座】エネルギー問題の「不都合な真実」 価値観抜きのリアリズム必要 中部大特任教授 細川昌彦(1/5ページ) - 産経ニュース
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る