マツダ、第3世代SKYACTIVはEV匹敵のクリーンエンジンに。熱効率56%実現目指す

もちろん、この計算は主要な発電所が化石燃料を使用しているという前提であり、フランスのような原子力発電の比率が高い国では当てはまらないかもしれません。またSKYACTIV-Xの投入時期を考えると、第3世代のSKYACTIVエンジンが出てくるのは2020年代半ば以降になると予想され、それまでにはEVや発電インフラの ...

情報元 - マツダ、第3世代SKYACTIVはEV匹敵のクリーンエンジンに。熱効率56%実現目指す - Engadget 日本版

マツダ、第3世代SKYACTIVはEV匹敵のクリーンエンジンに。熱効率56%実現目指す - Engadget 日本版
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る