川内火力2号機が運転再開 蒸気漏れの穴修理

九州電力は18日、ボイラーから蒸気が漏れている可能性があるとして停止していた石油火力の川内発電所2号機(鹿児島県薩摩川内市、出力50万キロワット)の運転を17日に再開したと発表した。11月23日の停止後に点検、ボイラーの配管に穴が開いていたため修理した。 九電によると、雨水が入り込むことでボイラーの ...

情報元 - 川内火力2号機が運転再開 蒸気漏れの穴修理 - 産経ニュース

川内火力2号機が運転再開 蒸気漏れの穴修理 - 産経ニュース
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る