FIT&一覧

2021年度の固定価格買取制度の検討状況、小規模はFIT継続、大規模はFIPや入札になる可能性

一方で、太陽光発電への導入偏重、初期の高価格案件の未稼働といった問題が生じ、急激な電源開発と併せて国民負担が著しく増大することとなりました。 ... 導入されている電源の調達期間終了後の事業継続や将来的な再投資が滞るのではないか ......

スポンサーリンク
トップへ戻る