磁力一覧

世界中から東京に人を集める「磁力」を生み出すために:「未来を作る。未来と出会う。」MATトークレポート

慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KMD)特任教授、レゾネア代表、米国法人Enhance Games CEO。 ... 一般社団になる目的としては、イヴェント自体を華やかにしたりすごい投資をつけたりというより、確実に広めていって海外から呼びたいメディアを呼んだり、海外の人を招待したりするにはチームを組んで安定させ ......

キヤノン系、熊本大・仏ボルドー大とMRI研究

キヤノンメディカルシステムズは20日、磁気共鳴画像装置(MRI)で撮影した画像のノイズを人工知能(AI)を使って除去する技術の研究を始めると発表した。熊本大学、仏ボルドー大学と共同で3月から実施する。画像の鮮明化により正確な診断が可能になるほか、検査1回あたりの撮影数が減り、検査時間も短縮できる。3年内 ......

人類を襲う「地磁気の逆転」の恐怖、その時期を科学者が調査

その疑問を解き明かすために、ロチェスター大学の研究者らは、南米から南アフリカにかけて広がる「南大西洋異常帯(South Atlantic Anomaly)」と呼ばれる地域に注目した。 彼らがこの場所を選んだのは、この地域が世界で最も磁力が弱まっている地域だからだ。この一帯では磁力の急激な低下が度々起こっており、それは ......

世界初、トヨタが電動車用の新型磁石を開発 貴重なレアアースを大幅削減

それらの問題を解決すべく、トヨタは希少かつ高価なレアアースに換えて安価で量が豊富なレアアースを活用しようと研究を進めていたが、この度それが実現した。新たに開発された省ネオジム耐熱磁石はテルビウムやディスプロシウムを使用しないだけでなく、ネオジムを最大で50%削減できる。 電動車用モーターなどには高温 ......

ネオジム使用量を2割減らしても高温時の保磁力が強化—トヨタが世界初の省ネオジム耐熱磁石を開発

これにより従来の1/10以下の粒子に微細化することが可能となり、粒子の周囲に発生する磁力を高めることができるのだ。温度上昇によって保磁力が低下していく特性をこれで補うことができる。これは2010年に特許を出願しており、この技術を応用して4代目プリウスはレアメタルの使用量削減を可能にしたと思われる。...

ネオジム使用量を2割減らしても高温時の保磁力が強化—トヨタが世界初の省ネオジム耐熱磁石を開発

これにより従来の1/10以下の粒子に微細化することが可能となり、粒子の周囲に発生する磁力を高めることができるのだ。温度上昇によって保磁力が低下していく特性をこれで補うことができる。これは2010年に特許を出願しており、この技術を応用して4代目プリウスはレアメタルの使用量削減を可能にしたと思われる。...

ここまでやる? 電動化に本気のトヨタが開発した“世界初の磁石”

そして3つ目だが、ネオジムの代替として磁石に混ぜるランタンとセリウムの配合比を研究し、ネオジムを減らしても磁石の特性を低下させないよう、うまいバランスを見つけた。 つまり、従来は磁石の全体に広がっていたネオジムを、磁石を構成する粒の表面に“めっき”するような形で使うようにすることで、その使用量を抑える感じ ......

ここまでやる? 電動化に本気のトヨタが開発した“世界初の磁石”

そして3つ目だが、ネオジムの代替として磁石に混ぜるランタンとセリウムの配合比を研究し、ネオジムを減らしても磁石の特性を低下させないよう、うまいバランスを見つけた。 つまり、従来は磁石の全体に広がっていたネオジムを、磁石を構成する粒の表面に“めっき”するような形で使うようにすることで、その使用量を抑える感じ ......

世界初、ジスプロシウム不使用の省ネオジム耐熱磁石を開発

NEDOプロジェクトにおいて、高効率モーター用磁性材料技術研究組合(MagHEM)の組合員であるトヨタ自動車(株)は、世界初の新型磁石「省ネオジム耐熱磁石」を開発しました。 この磁石は、耐熱性能に必要なジスプロシウムを使わないだけでなく、新技術を採用することで、ネオジムの一部をランタンとセリウムに置き換え、 ......

ホンダと大同特殊、HVモーター用重希土類フリー磁石でものづくり日本大賞を受賞

ホンダの完全子会社である本田技術研究所および大同特殊鋼、また、その完全子会社であるダイドー電子の3社は、「世界初、重希土類完全フリー ハイブリッド車(HEV)用熱間加工ネオジム磁石および駆動モーターの開発」の業績によって、第7回ものづくり日本大賞の製品・技術開発部門における経済産業大臣賞を受賞した。...

スポンサーリンク
トップへ戻る