磁力一覧

ホンダと大同特殊、HVモーター用重希土類フリー磁石でものづくり日本大賞を受賞

ホンダの完全子会社である本田技術研究所および大同特殊鋼、また、その完全子会社であるダイドー電子の3社は、「世界初、重希土類完全フリー ハイブリッド車(HEV)用熱間加工ネオジム磁石および駆動モーターの開発」の業績によって、第7回ものづくり日本大賞の製品・技術開発部門における経済産業大臣賞を受賞した。...

東大、世界最高の「磁場」発生に成功 985テスラ記録

東京大学の研究チームが、強力な電磁石を組み込んだ実験装置を使って、世界最高となる985テスラの磁場を発生させることに成功した。テスラは磁場(磁力)の強さを示す単位で、同チームが過去に達成した730テスラの記録を大幅に更新した。強力な磁場は、超伝導や磁石の新たな材料探しなど様々な研究に役立つという。...

強まるESGの磁力

あくまでも印象論だが、近年のグローバル市場で最も頻繁に語られるようになった言葉のひとつとして「ESG投資」を挙げても差し支えないだろう。説明に多言は要しない。企業の環境対策(E)や社会問題への取り組み(S)、企業統治の優劣(G)を重視する投資の考え方だ。 客観データと法律を重視する米国市場は、受託者責任 ......

東大ら、コバルト膜の磁力を電気的にオンオフし透過光を制御することに成功

東京大学(東大)などは11月16日、自然界では磁石であるコバルトを薄膜にし、その磁力を電気的にオンオフする技術を用いて、コバルト薄膜を透過する光の強度をスイッチすることに室温で成功したと発表した。 同成果は、東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻の大学院生 日比野有岐氏、同 千葉大地 准教授、豊田工業 ......

コバルト薄膜による光スイッチ実用化へ

それは今もモーターや発電機などで応用されている。 ... 電力中央研究所の上席研究員、東北大学の准教授らの研究チームは、自然界では磁石として存在するコバルト(金属)を薄膜にし、その磁力を電気的にオンオフする技術を ... 研究では、1ナノメートル以下の非常に薄いコバルト膜を用いているため、十分に光が透過する。...

中国が10年かけ「ソーラーロード」研究を完成、電気自動車の充電方式を一新―中国メディア

中国科学院半導体研究所の曲勝春研究員は取材に対し、走行と発電はソーラーロード ... 李景軒氏によると、ソーラーロードの発電は主に道路の照明、電気自動車の ... が磁力を生む」の原理に基づき、ワイヤレス充電が可能な電気自動車が磁力に接 ......

スポンサーリンク
トップへ戻る