核融合一覧

脱北原子物理学者、強制送還後に自殺か

脱北したものの中国の公安に捕まって強制送還された北朝鮮の核融合研究者が、保衛部で拘束中に毒劇物で自殺したという。米国のラジオ放送「自由 ... 自殺した科学者は、平壌市恩情区域科学2洞に位置する国家科学院物理研究所で核融合分野を担当していた室長クラスの幹部だと伝えられている。 この科学者は、今年11 ......

韓国政府、原子力技術の中心軸を安全・解体と放射線活用に移動

科技情通部はこれに向けて、原発の安全・解体研究の強化や放射線技術などの活用拡大、研究炉と中小型原子炉の輸出支援の強化、核融合エネルギーなど ... して核心基盤技術と商用化技術など、原発の解体技術96種を2021年までに開発することを目指し、まず来年中に183億ウォン(約18億円)を投資することにした。...

自然科学研究機構

同機構は国立天文台、核融合科学研究所、基礎生物学研究所などで構成。昨年のノーベル医学生理学賞を受賞した大隅良典・東京工業大栄誉教授が基礎生物学研究所に在籍中に受賞理由となった「オートファジー(自食作用)」を研究したことで知られる。 協定締結式は佐世保市の県立大佐世保校であり、稲永理事長は「 ......

大学の研究が海外メディアに取り上げられる新手法

自然科学研究機構は、束ねる5研究所のうち、国立天文台と核融合科学研究所の名誉教授2人(日本人、セルビア人)を外国に数年間、滞在するURAに選んだ。国際化活動は現役研究者の個人ネットワークに頼ることが多いため、研究実績の高いベテランのURAなら、各機関の理事らと直接、やりとりできるのが強みだ。...

核融合炉、半分を建設 フランスのITER

日米欧やロシアなどが国際協力でフランスに建設中の国際熱核融合実験炉(ITER)について、ITER機構は6日、建設計画の50%を達成したと発表した。工事は当初計画から大きく遅れ、 ... ITERは、核融合反応で生じるエネルギーを発電に利用できるかどうかを実験する施設で、発電はしない。機構は2025年に運転を始めて ......

仏の核融合炉、計画の50%達成

【ワシントン共同】日米欧やロシアなどが国際協力でフランスに建設中の国際熱核融合実験炉(ITER)について、ITER機構は6日、建設計画の50%を達成したと発表した。工事は当初計画から ... ITERは、核融合反応で生じるエネルギーを発電に利用できるかどうかを実験する施設で、発電はしない。機構は2025年に運転を ......

仏の核融合炉、計画の50%達成 実験施設、大幅な遅れ

【ワシントン共同】日米欧やロシアなどが国際協力でフランスに建設中の国際熱核融合実験炉(ITER)について、ITER機構は6日、建設計画の50%を達成したと発表した。工事は当初計画から大きく遅れ、建設費は約200億ユーロ(約2兆7千億円)に膨らんでいる。 ITERは、核融合反応で生じるエネルギーを発電に利用できるか ......

真空容器の中でダイバータに集めた粒子を排気

大型ヘリカル装置(LHD)では、真空容器の中をポンプで排気した後に、水素ガスを入れてプラズマを作っています。排気は、真空容器の外に配置されたポンプ(「主真空排気ポンプ」と呼びます)で行いますが、真空容器の中にも、「クライオ吸着ポンプ」と呼ばれる排気ポンプが設置されています。クライオ吸着ポンプは、極低温に ......

スポンサーリンク
トップへ戻る