地熱一覧

地域活性化、地熱発電事業に関する業務(日本初の取組みです。熊本県勤務)

地域活性化、地熱発電事業に関する業務(日本初の取組みです。熊本県勤務)の転職・求人情報 6893353。プロのコンサルタントがサポートする日本最大級のキャリア転職情報サイト。年収800万円以上の高年収、管理職、スペシャリストの求人、非公開求人スカウトも多数。...

新規事業企画(地熱発電

CAREER CARVER(キャリアカーバー)はリクルートキャリアが運営する、ハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイトです。ハイクラス・エグゼクティブの方にご満足いただくために、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録しています。...

地熱発電普及への貢献!新エネルギー財団より新エネ大賞最高ランクの「経済産業大臣賞」を受賞

出光興産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:月岡 隆、以下当社)の100%子会社である出光大分地熱株式会社(社長:竹中 照雄)の滝上バイナリー発電所が「ENEX2018 第42回地球環境とエネルギーの調和展」にて、一般財団法人新エネルギー財団より、平成29年度新エネ大賞の最高ランクとなる「経済産業大臣賞」を ......

Tuaropaki Trust社と地熱電力を利用したCO2フリー水素製造・流通の共同研究に関する覚書を締結 …

Tuaropaki Trust社と地熱電力を利用したCO2フリー水素製造・流通の共同研究に関する覚書を締結. ... 今回の共同研究は、Tuaropaki Trustグループから電力の安定的供給が見込めるニュージーランドにおいて、地熱発電を利用して年間100t程度(※2)のCO2フリー水素を製造・貯蔵・運搬すること、また、市場への流通経路 ......

大林組/地熱活用し水素製造/ニュージーランドで共同研究

大林組は、CO2の排出を伴わない水素製造の事業化に向け、地熱電力の活用検証に乗り出す。ニュージーランドで地熱発電を手がけるトゥアロパキ・トラスト社と2017年12月に共同研究の覚書を締結しており、同国で地熱を使った年間100tの水素製造を実証し、貯蔵や運搬も含めた事業全体のスキームの可能性を探る。...

大林組/地熱エネ利用の水素製造を共同研究/ニュージーランドの投資信託会社と覚書 [2018年2月15 …

大林組とニュージーランドの投資信託会社トゥアロパキ・トラストは、地熱エネルギーを利用し水素を製造・貯蓄・運搬するプロジェクトの共同研究を始めた。 ... 同社の親会社で傘下に地熱発電子会社(発電能力113メガワット)を持つトゥアロパキ社と、地熱電力利用CO2フリー水素製造・流通について、事業化が可能かどうか ......

【通貨】アイスランド、ビットコインマイニングで昨年の2倍の電力を消費する見込み【フィスコ・ビットコイン …

アイスランドの電力発電は水力発電や地熱発電所からの自然エネルギーで賄われており、環境への影響が小さく料金も安価なため、大量の電力消費を必要とするマイニングには魅力的なのだ。天候に影響されにくく多量の情報を輸送できる海中ケーブルも整っておりインターネット環境も問題なく、尚且つ寒冷な気候は冷却装置 ......

アイスランド 仮想通貨マイニング企業の電力消費が家庭消費を凌駕

アイスランドは自然エネルギーが豊富で、石炭火力発電が主の中国のマイニング現場よりも公害の発生が少ない。アイスランドでは地熱発電や水力発電を利用することができ、どちらも石炭より安価で、環境への影響が小さい。 アイスランド南部の半島にある海辺の町ケプラビークには、同国最大のビットコイン マイニングサイト ......

【通貨】アイスランド議員、仮想通貨マイナーに対する課税を提案【フィスコ・ビットコインニュース】

バーチャル通貨のマイナー(採掘者)は豊富なエネルギーを求めてアイスランドに群がっている。水力発電や地熱発電所からの新たなエネルギーで、競争力の高い価格が魅力となる。 一部の議員は、ビットコインのマイナーに対する課税を提案したという。ABC二ュースが伝えた。2008年の同国の金融危機を受けて、金融投機へ ......

大林組とNZ企が合弁、水素の商業生産模索

トゥアロパキ・トラストは、タウポ近郊のモカイに地熱発電所を所有。同社のウェリタ会長は「わが社はこれまで、再生可能エネルギー事業に深くコミットしてきた」と説明。サステナビリティー(持続可能性)を重視する姿勢は大林組と共通しているとし、地熱エネルギーを利用して、燃焼時に二酸化炭素(CO2)を排出しない水素 ......

スポンサーリンク
トップへ戻る