地熱一覧

三菱日立パワーシステムズ、インドネシアで紙パルプ工場向け蒸気タービン発電設備受注

低圧蒸気を供給することから、蒸気タービンには発電用として大気圧以上の高圧蒸気と同時に低圧蒸気も併給できる背圧タービンを採用する。 ... 【インドネシア】東北電力(仙台市)は7日、インドネシア南スマトラ州の地熱発電事業「ランタウ・デダップ地熱発電事業」の持ち分10%を丸紅から取得したと発表した。東北電力が ......

【特集】日本再生可能エネ Research Memo(2):再生可能エネルギー発電設備が主な投資対象

同投資法人では、スポンサーサポート契約に基づきスポンサー兼オペレーターであるリニューアブル・ジャパンが保有する再生可能エネルギー発電設備運営の終始 ... その中でも、太陽光発電設備等への投資を90%以上(取得価格ベース)とし、風力発電設備等、地熱発電設備等、小水力発電設備等、バイオマス発電設備等、 ......

日本再生可能エネ Research Memo(2):再生可能エネルギー発電設備が主な投資対象

政府のエネルギー政策によれば、日本の発電電力量に占める再生可能エネルギーの割合が今後拡大する見通しであることから、同投資法人では再生可能エネルギー発電設備等を主たる投資対象とする。その中でも、太陽光発電設備等への投資を90%以上(取得価格ベース)とし、風力発電設備等、地熱発電設備等、小水力 ......

【材料】レノバ<9519>のフィスコ二期業績予想

再生可能エネルギーの自社発電事業が主力の電力会社。他社向けに再生 ... 大規模太陽光発電、バイオマス発電、陸上・洋上風力発電、地熱発電等に展開。18.5期上期業績は堅調。 主力の発電事業で ... 秋田バイオマス・熊本太陽光発電所の連結子会社化が収益拡大を後押し。18.5期は増収増益見通し。当面の株価は値&nbsp;......

風力・地熱発電の環境アセスメント期間半減、NEDOが迅速化ガイドを公表

一定規模以上の風力発電設備と地熱発電設備を建設・増設する際には、環境アセスメントを実施することが環境影響評価法により定められています。日本においては、風力発電所、地熱発電所では、出力1万kW以上が「第1種事業」とされ、環境アセスメントの手続を必ず行う必要があります。出力7500kW~1万kWは「第2種&nbsp;......

ゴールドマン:バイオマスや地熱でもプロジェクト債、国内で初めて

このプロジェクト債は、中国モジュールメーカーのJAソーラーが福島県福島市に建設する約10メガワットの太陽光発電事業を対象にしたもの。年限は18年6カ月、発行額は55億円となっており、総事業費の86%がプロジェクト債で賄われる。日本格付研究所(JCR)からは3月12日にトリプルBマイナスの予備格付けを獲得して&nbsp;......

エネルギー戦略 長期の安定供給をどう築くか

蓄電池の価格は高く、システムの発電コストは1キロ・ワット時当たり現状95円と、10円の原子力発電や石炭火力とは比較にならない。 環境負荷を抑えつつ、電力を確実に届ける。両立は容易でないが、産学官の知恵で乗り越えたい。 再生エネの中でも発電コストが低く、出力が安定している地熱発電や、木材チップを燃料と&nbsp;......

風力・地熱発電所のアセスメント期間を半減する手法

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、風力発電所や地熱発電所の建設前に実施する環境影響評価(アセスメント)期間を半減する手法をまとめた。最も時間がかかる現地調査や地域への影響の予測・評価の判断材料を提供し、事業者が結果をまとめやすくした。風力と地熱発電は環境アセスの手続きに約4年が&nbsp;......

NZ、石油・ガスの洋上探査を禁止

... 両方を守る」とした。ニュージーランドは地熱発電を積極的に進めてきたが、今回の決定では化石燃料に代わる具体的なエネルギー開発は示されていない。 ... PEPANZのキャメロン・マドウィック氏は「(突然の政策変更が)ニュージーランドの投資環境への懸念を投資家に与えかねない」と地元紙に語った。野党・国民党も「&nbsp;......

風力・地熱の環境アセス期間を半減、NEDOが指針

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は3月30日、風力発電と地熱発電を対象に、環境アセスメント期間の半減に役立つ手法をまとめたガイドラインを公表した。 「環境アセスメント迅速化手法のガイド~前倒環境調査の方法論を中心に~」と題し、風力および地熱発電のさらなる導入に向け、環境アセスメントの質を&nbsp;......

スポンサーリンク
トップへ戻る