原子力一覧

小浜で24日に勉強会 生活への影響など /福井

県内の原発立地4市町でつくる「県原子力発電所所在市町協議会」などの要望で県が嶺南地方への自衛隊誘致を国に求めている問題で、県が候補地の一つに ... 県政策推進課によると、県からの要請は北朝鮮の弾道ミサイル発射などへの対応と原子力災害時の避難支援の充実を求めた内容で、小浜市と若狭町の2カ所を主 ......

福一事故から7年へ…飯舘村を考えるシンポ

東京電力・福島第一原子力発電所の事故からまもなく7年になるのを前に、避難指示がほぼ解除された福島県の飯舘村について考えるシンポジウムが開かれた。 17日のシンポジウムには、飯舘村の住民や研究者など約150人が参加し、復興をどう進めていくかなどについて話し合った。飯舘村の避難指示は、一部の区域を ......

玄海3号機燃料装填 映像公開

玄海原子力発電所3号機の再稼働に向け原子炉に核燃料を入れる作業が16日始まり、九州電力が映像を公開しました。玄海町の玄海原子力発電所3号機では16日夕方から約7年ぶりに原子炉に核燃料を入れる作業が24時間態勢で続いています。作業は使用済み燃料プールに保管していた核燃料を1体ずつ引き上げ、 ......

重大事故想定 廃炉見据えもんじゅで 敦賀 /福井

日本原子力研究開発機構は16日、廃炉計画を申請中の高速増殖原型炉もんじゅ(敦賀市)で全交流電源を喪失した想定での総合防災訓練を行った。7月にも ... 津波によって非常用ディーゼル発電機が使用不可能になり全交流電源が喪失したことや、炉外燃料貯蔵槽から取り出した核燃料の洗浄作業を中断したことなどが ......

九州電力 玄海原子力発電所3号機の再稼働時期に関する一部報道について

一部報道機関において、玄海原子力発電所3号機について「九州電力が(中略)、3月23日にも再稼働させる見通しとなった」と報道されていますが、当社が発表したものではありません。 玄海原子力発電所3号機は、3月中の原子炉起動を目指しておりますが、具体的な日程について現時点で決まったものはありません。...

放射性物質、素早く測定 原発事故に備え県が更新 /鳥取

旧型車の老朽化に伴い、国の「原子力発電施設等緊急時安全対策交付金」1億1772万円を活用し購入した。内部被ばくの有無を今までより3分短い約2分で測れるほか、車体の下などに鉄製の遮蔽(しゃへい)材を設置したことで、放射性物質が外部から入り込むのを防ぐことができ、精度が増した。連続測定が可能な時間 ......

アステックスとラズオラクル、ドローンを使った太陽光パネルの検査事業で業務提携

株式会社アステックスとラズオラクル合同会社は2月14日、赤外線カメラを搭載したドローンによる太陽光発電パネルの検査事業で、明2月15日に業務提携すると ... アステックスの営業チャネルや検査ノウハウを活かし、ラズオラクルが国土交通省から取得した包括的なドローン飛行許可と承認を合わせ、太陽光発電パネルの ......

新生Jヴィレッジ、再始動。 7.28 みんなの夢が、動きだす。』 福島県内4局のテレビCMで公開中(共同通信 …

Jヴィレッジは、東日本大震災直後から、福島第一原子力発電所の事故収束の対応拠点として使用されることとなり、営業休止となっていましたが、2017年3月末にその役目を終え、同年4月から、天然芝・人工芝の張り替えや従来施設のリニューアル工事に加えて、新たに日本初となる「全天候型練習場」や「新宿泊棟」の建設 ......

玄海3号機再稼働3月23日にも、核燃料挿入作業を開始

挿入作業は今月21日に完了予定。32体は使用済み燃料を再処理して製造されたウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料による「プルサーマル発電」を行う。 玄海3号機は、昨年9月から原子力規制委員会による「使用前検査」が続く。核燃料の挿入後は、冷却水を循環させるポンプなど施設全般に異常がないかを確認 ......

中部電、統合火力JERAに3000億円規模追加拠出 東電との対等維持

中部電はJERAの稼ぐ利益が、福島第1原子力発電所事故による廃炉や補償費用などを抱える東電に過度に回ることを警戒。完全統合に向けた契約では、東電の業績が悪化した場合、中部電が株式の過半数を保有できるようにしているが、JERAへの影響力を担保するには資産規模でも東電と同等にすべきだと判断した。...

スポンサーリンク
トップへ戻る