ミドリムシ一覧

ユーグレナ入りサプリメント『メディカプラス』シリーズから新商品登場 4月9日(月)、「メディカプラス …

2005年に世界で初めて微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の食用屋外大量培養技術の確立に成功。微細藻類ユーグレナ・クロレラなどを活用した機能性食品、化粧品等の開発・販売のほか、バイオ燃料の生産に向けた研究を行っています。2012年12月東証マザーズに上場。2014年12月に東証一部市場変更。経営理念 ......

ユーグレナ入りサプリメント『メディカプラス』シリーズから新商品登場 4月9日(月)、「メディカプラス …

2005年に世界で初めて微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の食用屋外大量培養技術の確立に成功。微細藻類ユーグレナ・クロレラなどを活用した機能性食品、化粧品等の開発・販売のほか、バイオ燃料の生産に向けた研究を行っています。2012年12月東証マザーズに上場。2014年12月に東証一部市場変更。経営理念 ......

新たな食品原料として「食品用ユーグレナエキス」を規格化

株式会社ユーグレナ(本社:東京都港区、社長:出雲充)は、微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ、以下ユーグレナ)を用いた新たな食品原料として、「食品用ユーグレナエキス」(図1)を規格化※したことを ... 今後も当社では、「食品用ユーグレナエキス」の活用を進めるとともに、研究開発の促進と事業の展開拡大を目指します。...

新たな食品原料として「食品用ユーグレナエキス」を規格化

株式会社ユーグレナ(本社:東京都港区、社長:出雲充)は、微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ、以下ユーグレナ)を用いた新たな食品原料として、「食品用ユーグレナエキス」(図1)を規格化※したことを ... 今後も当社では、「食品用ユーグレナエキス」の活用を進めるとともに、研究開発の促進と事業の展開拡大を目指します。...

ミドリムシで脂肪蓄積の抑制を確認

株)ユーグレナ(本社:東京都港区、出雲充社長)は27日、微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)粉末の熱水抽出物を用いた研究で、脂肪滴(細胞内に観察される脂質が球状に蓄積した液滴)の蓄積を抑制する効果を確認したと発表した。 試験内容は、脂肪細胞への分化を誘導する試薬を添加したヒト脂肪組織由来幹細胞に、 ......

微細藻類ユーグレナ粉末の抽出物による脂肪滴の蓄積抑制効果を確認

研究内容 脂肪細胞への分化を誘導する試薬を添加したヒト脂肪組織由来幹細胞に、ユーグレナ熱水抽出物を濃度別に添加した区と、添加しない区(コントロール)を設定し、脂肪細胞への分化による脂肪滴蓄積の状態をOil Red O染色により比較しました。さらに、脂肪細胞の分化に関連する遺伝子の発現量をリアルタイム PCR ......

【ユーグレナ 福本拓元 取締役】化粧品が「緑汁」に次ぐエースに成長

ミドリムシを原料とした健康食品のECを展開するユーグレナ(本社東京都、出雲充社長)の通販事業はとても好調に推移している。17年9月期の通販売上高は前期比35%増の92 ... 当社独自の広告展開はもちろん、OEM提供をしている武田薬品工業の広告投資があったこともミドリムシの認知拡大には貢献したのでしょう。...

【日本発!起業家の挑戦】ミドリムシでバイオ燃料、20年にも実用化

国内にはSaaS(サービスとしてのソフトウエア)やIoT(モノのインターネット)に関わるスタートアップ以外にも革新的な企業がある。たとえば、バイオテクノロジー企業にも成功例がある。その一つ、バイオテクノロジーの先駆けであるユーグレナの出雲充社長に画期的な事業について話を聞いた。ユーグレナの開発チーム ......

ユーグレナが始める将来の健康リスクを知る遺伝子解析サービスの気になる中身

ヘルスケア事業の延長上にはあるが、ミドリムシを売りたいがために行うサービスではなく、科学的で信頼できる研究の成果として、ミドリムシが一番ふさわしい方にはミドリムシを届けるが、そうでない場合は新しい商品を開発して未来の健康につなげていく。ヘルスケア事業、新エネルギー開発事業に次ぐ、第三の柱として進めて ......

「飲むミドリムシ」シリーズに新商品登場!3月5日(月)、『飲むミドリムシ おいしいにんじん』新発売

株式会社ユーグレナ(本社:東京都港区、社長:出雲充)は、59種類の豊富な栄養素を持つ微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ、以下石垣産ユーグレナ)入り飲料の「飲むミドリムシ」シリーズから、にんじんジュースをベースとした野菜ジュースに、石垣産ユーグレナとモノグルコシルヘスペリジン※を配合した新たな商品『飲む ......

スポンサーリンク
トップへ戻る