太陽光発電工事現場で死亡事故 /山口

8日午前9時ごろ、美祢市於福町の太陽光発電所建設現場で、荷降ろし作業中だった広島市南区、会社員、空井健司さん(56)が、落下した太陽光パネル(重さ約1トン)の下敷きとなり、間もなく病院で死亡が確認された。空井さんは、トラックの荷台からフォークリフトでパネルを降ろす作業を手伝っていた。(美祢署). 〔山口版〕 ...

情報元 - https://mainichi.jp/articles/20171209/ddl/k35/040/596000c

https://mainichi.jp/articles/20171209/ddl/k35/040/596000c
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る