太陽光事業、戦略見直し相次ぐ 売電価格低下響く

太陽光発電関連のビジネスを手掛ける企業が、売電価格の低下などで戦略の見直しを迫られている。メガソーラーなど大規模太陽光発電所の建設計画は減少する一方で、発電した電力を外部へ売らずに自宅や工場で使用する「自家消費」が増えるとみられるためだ。京都でも、太陽光発電パネルや関連機器を販売する京セラ ...

情報元 - http://eonet.jp/news/kansai/kyoto/247319.html

http://eonet.jp/news/kansai/kyoto/247319.html
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る