セブン新店舗は「次世代」省エネ型へ 作業時間を「5.5時間」短縮

フランスの大手建設グループの路面太陽光発電パネルを店舗前に設置し、岩谷産業の水素燃料電池を採用した。 店舗全体で外部から調達する電力量は、2013年度と比べて約28%削減できる見込みだ。 店舗のテーマは、「ひとと環境にやさしい店舗」。セブン‐イレブン・ジャパンの広報担当者は2017年12月7日のJ-CAST ...

情報元 - セブン新店舗は「次世代」省エネ型へ 作業時間を「5.5時間」短縮 : J-CAST会社ウォッチ

セブン新店舗は「次世代」省エネ型へ 作業時間を「5.5時間」短縮 : J-CAST会社ウォッチ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る