洲本市と龍谷大のため池ソーラー発電に「プラチナ大賞優秀賞」

事業は龍谷大の白石克孝教授が代表を務める非営利株式会社「PS洲本」が主体となり、市からため池を借りて淡路信用金庫、淡陽信用組合から資金調達。ため池の水面に太陽光発電施設を設置し、水利組合などが施設の見回りなどを担当、売電益を地域活性化に利用する仕組み。同市五色町鮎原塔下の「塔下新池」、同市 ...

情報元 - 洲本市と龍谷大のため池ソーラー発電に「プラチナ大賞優秀賞」 - 産経ニュース

洲本市と龍谷大のため池ソーラー発電に「プラチナ大賞優秀賞」 - 産経ニュース
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る