余剰太陽光想定し需要家間取引で実証/関電、豪企業の基盤活用

関西電力は24日、オーストラリアのパワーレッジャーと共同で、ブロックチェーン技術を活用した太陽光発電の電力P2P(ピア・ツー・ピア)取引の実証研究を同日から開始したと発表した。パワーレッジャーは、電力P2P取引プラットフォームの管理・運営を手掛ける。両社は2019年3月末までの実証期間を通じて、パワー ...

情報元 - 余剰太陽光想定し需要家間取引で実証/関電、豪企業の基盤活用 | 電気新聞ウェブサイト

余剰太陽光想定し需要家間取引で実証/関電、豪企業の基盤活用 | 電気新聞ウェブサイト
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る