群馬セキスイ、分譲住宅地の事業強化 専任者配置し街全体を管理

宿泊体験モデルハウスでは4月から、蓄電池などによるエネルギー自給自足型の生活体験も行えるようにする。 同ガーデンは73区画で構成され、各住戸には大容量の太陽光発電システムやHEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)を搭載している。また植栽スペースを設け、住民のコミュニケーションを促している。

情報元 - 群馬セキスイ、分譲住宅地の事業強化 専任者配置し街全体を管理 - SankeiBiz(サンケイビズ)

群馬セキスイ、分譲住宅地の事業強化 専任者配置し街全体を管理 - SankeiBiz(サンケイビズ)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る