瀬戸内市一般会計が過去最高更新 18年度当初予算案179億円

歳出は、投資的経費が49・8%増の27億8731万円で、JR邑久、長船、大富駅の各駅周辺整備費5億8822万円、市内初の認定こども園建築工事費1億9197万円などを計上。公共・教育施設への太陽光発電設備設置といった二酸化炭素排出削減対策モデル事業は5カ年計画の中間年度となり、9・2%増の4億6258万円 ...

情報元 - http://www.sanyonews.jp/article/669691

http://www.sanyonews.jp/article/669691
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る