大阪)箕面市が太陽光発電規制条例案 「景観を保全」

条例案によると、市が定めている山すそ景観保全地区より北側すべてと、市街化調整区域、生産緑地では、出力10キロワット以上か面積100平方メートル以上の太陽光発電設備の設置を禁止する。市全体の約7割を占める。それ以外のエリアでも、周辺住民の同意や植栽などで設備を遮ることを条件とした許可制にする。

情報元 - 大阪)箕面市が太陽光発電規制条例案 「景観を保全」:朝日新聞デジタル

大阪)箕面市が太陽光発電規制条例案 「景観を保全」:朝日新聞デジタル
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る