太陽光発電販売会社社長、脱税で在宅起訴

東京・新宿区の太陽光発電販売会社が法人税1億3000万円余りを脱税したとして、東京地検特捜部が社長の男らを在宅起訴しました。 法人税法違反などの罪で起訴されたのは、太陽光発電販売会社の「ITDホールディングス」と社長の山下正廣被告(52)、「J-PRODUCT」の社長・元山英之被告(48)です。 起訴状など ...

情報元 - https://www.rsk.co.jp/news/news_jnn.cgi?cat=2&id=3245916

https://www.rsk.co.jp/news/news_jnn.cgi?cat=2&id=3245916
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る