2050年の再エネ比率50―60%、経産省が参考値として提示

また、水素・アンモニアは10%前後、原子力発電は「確立した脱炭素電源として、安全性を大前提に一定規模の活用を目指す」と位置付け、二酸化 ...

情報元 - 2050年の再エネ比率50―60%、経産省が参考値として提示 | ロイター

2050年の再エネ比率50―60%、経産省が参考値として提示 | ロイター
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る