核ごみ処分根強い抵抗感、九州では「拒否」条例化

処分の事業主体となる原子力発電環境整備機構(NUMO)は各地で説明会を重ねている。担当者は「課題を広く知ってもらい、少しずつ前進して ...

情報元 - 核ごみ処分根強い抵抗感、九州では「拒否」条例化|【西日本新聞ニュース】

核ごみ処分根強い抵抗感、九州では「拒否」条例化|【西日本新聞ニュース】
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る