7年3か月ぶり 玄海原発3号機が再稼働

23日午前、佐賀県の九州電力玄海原子力発電所3号機が再稼働した。 23日午前11時ごろ、玄海原発3号機の中央制御室では、運転員が燃料制御棒を引き抜く操作を行い、原子炉を起動した。 3号機の稼働はおよそ7年3か月ぶり。 九州電力によると、23日夜遅くにも核分裂反応が安定的に持続する「臨界」に達し、来月 ...

情報元 - 読売テレビニュース

読売テレビニュース
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る