県予算案 人口減改善へ

東京電力福島第一原子力発電所の事故原因や影響、安全な避難の検証を進める総括委員会と3委員会の開催に5270万円を盛り込んだ。昨年12月に出雲崎町の県道が陥没した問題を教訓に、老朽化するインフラ施設の維持や補修を強化し、異常に関する情報を一元的に管理するシステムを35億2480万円で構築する。

情報元 - http://www.yomiuri.co.jp/local/niigata/news/20180215-OYTNT50143.html

http://www.yomiuri.co.jp/local/niigata/news/20180215-OYTNT50143.html
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る