泊原発訓練 厳冬期の避難を体験

北海道電力泊原子力発電所(泊村)の冬季の重大事故を想定した道の原子力防災訓練が8日、周辺の13町村で行われた。約400の関係機関や地元住民ら計約1万2500人が参加し、うち554人がバスなどによる避難を体験。厳冬期の放射線の測定、物資の緊急輸送などの手順を確認した。 猛吹雪のなか、震度6の地震と ...

情報元 - http://www.yomiuri.co.jp/hokkaido/news/20180209-OYTNT50015.html

http://www.yomiuri.co.jp/hokkaido/news/20180209-OYTNT50015.html
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る