検出器が一時停止 運転員が誤操作 /福井

日本原子力研究開発機構は11日、廃炉計画を申請中の高速増殖原型炉もんじゅ(敦賀市)で1次系から抜き取った冷却材のナトリウムをためていたタンク室の ... 原子力機構によると、同日午後3時16分ごろ、別の検出器の停止作業をしていた運転員2人がタンク室の検出器につながる配管の弁を誤って閉じたことで、検出器が ...

情報元 - 会員登録のお願い - 毎日新聞

会員登録のお願い - 毎日新聞
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る