再稼働 「入念に安全性確認」 九電社長、知事にあいさつ /佐賀

九州電力の瓜生道明社長は11日、県庁で山口祥義知事に年頭のあいさつをした。玄海原子力発電所3、4号機(玄海町)の再稼働を踏まえて瓜生社長は「入念に設備の安全性を確認しながら立ち上げたい」と述べた。 瓜生社長は使用済み核燃料の貯蔵対策にも触れ、玄海原発の貯蔵プール内のリラッキングと併せて乾式貯蔵 ...

情報元 - 会員登録のお願い - 毎日新聞

会員登録のお願い - 毎日新聞
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る