東海第2の延長審査開始 規制委、説明不十分と指摘

東海村白方の日本原子力発電(原電)東海第2原発の運転延長の可否を審査する原子力規制委員会の初会合が21日、都内で開かれた。運転開始から40年を迎えるに当たり、点検結果などから運転延長は可能とする原電に対し、規制委は各設備の劣化評価の根拠が明示されず説明が不十分だとして、今後詳細に説明するよう ...

情報元 -

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る