水素発電のコスト削減 年1000万トン調達-政府が基本戦略

政府が年内にも策定する「水素基本戦略」の概要が明らかになった。将来的な目安として発電容量1500万キロ―3000万キロワット程度に相当する年間500万―1000万トン程度の水素を調達し、水素発電コストを液化天然ガス(LNG)火力発電と同等に引き下げる。水素を大量消費する水素発電を広げる一方、未利用 ...

情報元 - 水素発電のコスト削減 年1000万トン調達-政府が基本戦略 | 環境・エネルギー ニュース | 日刊工業新聞 電子版

水素発電のコスト削減 年1000万トン調達-政府が基本戦略 | 環境・エネルギー ニュース | 日刊工業新聞 電子版
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る