氷表面の水分子の構造は六角形に整然と並んでいない、東大の研究で判明

内部の結晶構造から予想される1nm四方当たりの水素原子数は2.8個であり、その約半分の個数しかないことが判明したとする。 また、氷内部のように ...

情報元 - 氷表面の水分子の構造は六角形に整然と並んでいない、東大の研究で判明 | ニコニコニュース

氷表面の水分子の構造は六角形に整然と並んでいない、東大の研究で判明 | ニコニコニュース
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る