金星大気に生命可能性? 指標となる分子検出 国際チーム

京都産業大の佐川英夫教授が参加する国際研究チームは、南米・チリにあるアルマ望遠鏡などを使った観測で、金星の大気からリン化水素を検出した。

情報元 - https://news.yahoo.co.jp/articles/14e7b80d3530304f2b437ff2cf153620efcf5a49

https://news.yahoo.co.jp/articles/14e7b80d3530304f2b437ff2cf153620efcf5a49
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る