【独自】聖火リレー水素燃料で 最終走者トーチ 浪江産検討

水素は、太陽光発電を使った世界最大級となる1万キロワットの水素製造装置を備えた浪江町の「福島水素エネルギー研究フィールド」から供給する。研究フィールドでは、完全な「CO2フリー」を実現し、地球温暖化対策の最先端技術も示す。

情報元 - 【独自】聖火リレー水素燃料で 最終走者トーチ 浪江産検討 - 産経ニュース

【独自】聖火リレー水素燃料で 最終走者トーチ 浪江産検討 - 産経ニュース
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る