天王星、温泉の臭い? 雲の上部に硫化水素

【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は24日、太陽系7番目の惑星の天王星を覆う雲に、温泉や腐った卵が臭う原因の硫化水素が存在することが分かったと発表した。 観測した研究者は「以前からにおう(怪しい)と思っていたが、ついに尻尾をつかんだ」とコメント。ただ天王星の外側は氷点下200度ほどで、近づいて臭いを ...

情報元 - http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018042501001150.html

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018042501001150.html
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る