IHI/福島県相馬市でスマートコミュニティ事業始動/太陽光発電の地産地消実現 [2018年4月6日1面]

同事業は同センター内(敷地面積5・4ヘクタール)に新設した出力1600キロワットの太陽光発電施設の電力を、相馬市下水処理場などに送電する。余剰電力は水素製造や下水汚泥の乾燥に利用する実証事業などに活用する。水素社会の到来を見据え、水素の利用方法やエネルギーキャリアー転換技術の研究などを推進する ...

情報元 - http://www.decn.co.jp/?p=98808

http://www.decn.co.jp/?p=98808
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る