県産水素の活用明記 政府、基本戦略決定 製造拡大目指す

戦略にはこのほか、2030年までの水素発電の商用化、自動車やバスなどモビリティー分野での水素利用拡大も目標に掲げた。2030年段階では水素で走る燃料電池車を80万台、バスを1200台、フォークリフトを1万台普及させるとし、発電と合わせた水素使用量は年間30万トンを想定している。仮に30万トン全てを発電で ...

情報元 - お探しのページは見つかりませんでした | 福島民報

お探しのページは見つかりませんでした | 福島民報
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る