ミドリムシ摂取で肝硬変・肝臓がんリスクにつながる「非アルコール性脂肪性肝炎」の抑制作用

症状が進行すると肝臓が線維化し、肝硬変や肝臓がんの発症につながる可能性があるという。今回の研究は、ユーグレナ粉末とパラミロン粉末の継続摂取による ...

情報元 - ミドリムシ摂取で肝硬変・肝臓がんリスクにつながる「非アルコール性脂肪性肝炎」の抑制作用:データ・マックス NETIB-NEWS

ミドリムシ摂取で肝硬変・肝臓がんリスクにつながる「非アルコール性脂肪性肝炎」の抑制作用:データ・マックス NETIB-NEWS
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る