2018年05月08日一覧

ペク・ウンギュ長官、孫正義ソフトバンク会長と「北東アジア・スーパーグリッド」議論

孫正義「韓国と4次革命投資協力が可能」 ... 水準に急低下し、今後も一層急速に安くなると展望し、電力を備蓄し太陽光・風力発電が休んでいる時間に ... 韓日両国の原子力産業会議が主催した行事で、原発の安全と非常対応、原発解体の推進現況、 ......

三菱重工、MRJ事業再構築 今年度内に三菱航空機の資本増強

会計基準の変更で単純比較はできないが、同時に発表した18年3月期の売上高4兆1108億円、最終利益704億円から大きく伸ばす。 達成へ向け、フォークリフトや自動車用ターボチャージャー(過給器)を強化し、火力発電機器や航空機部品の失速を補う。サイバー関連などの防衛技術を民間向けに展開するほか、M&A( ......

三菱重工、売上高5兆円達成へ3つの課題 (1/2ページ)

1つ目の課題が、経営の屋台骨を支える火力発電事業の逆風だ。欧州を中心に太陽光や風力など再生エネルギーの普及が加速し、三菱重工が得意としている大型ガスタービンの市場が大きく縮小している。ただ宮永社長はガスタービン市場は17年度が底だったとの見方を示し、周辺のサービス事業などを伸ばすことで「火力 ......

九電管内、太陽光発電による発電量が受け入れ限界に近づく

九州電力の「九州本土における再生可能エネルギーの導入状況と優先給電ルールについて」によると、九州地区内で電力の供給力が需要を上回った場合、まずは九州電力の火力発電所の出力抑制を行ったり、本来余剰電力の多い夜間に行う揚水発電所での水のくみ上げを昼間にも実施するなどして対応を行い、それでも ......

九電管内、太陽光発電による発電量が受け入れ限界に近づく

九州電力管内における電力網への接続可能量は817万kWだが、今年3月末の太陽光発電による電力量は785万kWで、剰電力への対応は限界が近づいているという。そのため九州電力では、太陽光発電事業者に対し九州電力からの出力制御指令を受け入れられる出力制御機能付きパワーコンディショナー(PCS)の導入を ......

スポンサーリンク
トップへ戻る