2018年02月20日一覧

会津若松市内で「スマートバス停」、太陽光で電子ペーパー駆動

みちのりホールディングスおよび会津乗合自動車(会津バス)などは、2月17日から福島県会津若松市内で次世代スマートバス停の実用化に向けた実証実験を開始した。太陽光発電で駆動し、電子ペーパーを用いて時刻表データを更新したり、バスの運行情報をリアルタイムで表示したりする。 台湾E Ink社の電子ペーパー・ ......

世界初、ジスプロシウム不使用の省ネオジム耐熱磁石を開発

NEDOプロジェクトにおいて、高効率モーター用磁性材料技術研究組合(MagHEM)の組合員であるトヨタ自動車(株)は、世界初の新型磁石「省ネオジム耐熱磁石」を開発しました。 この磁石は、耐熱性能に必要なジスプロシウムを使わないだけでなく、新技術を採用することで、ネオジムの一部をランタンとセリウムに置き換え、 ......

原子力発電環境整備機構による「科学的特性マップに関する意見交換会」

当社は、2017年12月27日に原子力発電環境整備機構(以下、「NUMO」)から公表された「科学的特性マップに関する意見交換会(以下、「意見交換会」)」への参加者募集に関する調査結果(以下、「報告書」)において、NUMO職員による当社関係者への関与に係る記載がされていたこと、また、本件に関連して「NUMO職員 ......

福島第一原子力発電所の状況について(日報)

2018年2月20日東京電力ホールディングス株式会社福島第一廃炉推進カンパニー. 福島第一原子力発電所の状況について、以下のとおりお知らせいたします。 (下線部が新規事項). 【主な作業実績と至近の作業予定等】 ・2月20日午後0時20分頃、多核種除去設備(C)のスラリー移送ポンプドレン弁近傍に水がにじんでいる ......

沖縄で家庭向け電力小売、太陽光とバイオマス活用

沖縄県は、本土との連系線がないため、電力の自由取引を行う日本卸電力取引所(JEPX)が活用できず、化石燃料以外の安定電源(バイオマス発電や水力発電)も少ないため、安定的な供給力の確保が大きな課題となっていた。 同社は、2010年から同県内で省エネのための設備改修工事や太陽光発電事業を展開してきた。...

沖縄で家庭向け電力小売、太陽光とバイオマス活用

沖縄県は、本土との連系線がないため、電力の自由取引を行う日本卸電力取引所(JEPX)が活用できず、化石燃料以外の安定電源(バイオマス発電や水力発電)も少ないため、安定的な供給力の確保が大きな課題となっていた。 同社は、2010年から同県内で省エネのための設備改修工事や太陽光発電事業を展開してきた。...

沖縄で家庭向け電力小売、太陽光とバイオマス活用

パートナー企業を通じた関係構築を進めることで、現地のバイオマス発電や太陽光発電などの電源を調達できるようになったことから、2016年12月から高圧需要家向けに電力供給を開始した。 今回、これまでの各種電源に加えて、新たに沖縄電力からの卸電力供給も活用することで安定供給の見通しが立ったことから、一般 ......

カナディアン系投資法人、2.2MWの発電所を取得

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人(東京都新宿区)は2月1日、新たに2カ所、合計出力約2.2MWの太陽光発電所を取得した。1月24日に取得を発表していた。 同投資法人は、その名称の通り、太陽光パネル大手のカナディアン・ソーラー系で、日本で太陽光発電開発を手掛けるカナディアン・ソーラー・プロジェクト(同)の ......

三菱商事が三菱自動車の持分法適用会社化を検討—株式を三菱重工から取得することを検討

三菱商事は、三菱重工業、三菱東京UFJ銀行が保有する三菱自動車の株式公開買付けし、持分法適用会社とすることを検討していると発表した。 三菱重工は国産リージョナルジェット「MRJ」の開発投資や造船事業、火力発電事業が低迷して業績が悪化しており、保有する三菱自の株式売却を検討している。 三菱自の燃費不正 ......

事業開発(ビジネスディベロップメント)

【事業開発(ビジネスディベロップメント)】外資バイオマス発電用燃料メーカー184097ページ。AMBI(アンビ)は20代ハイクラス向け転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかる。新規事業や外資系企業へのチャレンジも。...

スポンサーリンク
トップへ戻る