2018年02月18日一覧

ULジャパン、国際二次電池展に出展

その他、開発の現場からバッテリーの安全性研究、同部品・素材分野の最新動向とサービスに関するミニセミナーも開催される予定だ。 ... 発電および蓄電: 風車、太陽光発電などの再生可能エネルギー(機器本体や発電所)、eモビリティ(電気自動車、電気自転車、eバイク/スクーター、ドローン、セルフ・バランシング・スクーター/ ......

ULジャパン、国際二次電池展に出展

その他、開発の現場からバッテリーの安全性研究、同部品・素材分野の最新動向とサービスに関するミニセミナーも開催される予定だ。 ... 発電および蓄電: 風車、太陽光発電などの再生可能エネルギー(機器本体や発電所)、eモビリティ(電気自動車、電気自転車、eバイク/スクーター、ドローン、セルフ・バランシング・スクーター/ ......

小型の新原子炉、海外で開発進む 日本も選択肢に

現在主流の原子炉(軽水炉)より小型で安全性が高い原子炉の研究開発が北米や中国で活発だ。大型炉に比べ投資リスクが小さいのが売りだが、発電コストの面で競争力があるのか未知数だ。それでも開発が進むのは将来の原子力技術の覇権がかかるからだ。人材育成のため日本も研究に取り組む価値はある。 原子力の ......

原発事故被災地に教育研究拠点 経産省・福島県が構想

経済産業省や福島県などは、東京電力福島第1原子力発電所の事故で被害が大きかった同県沿岸部に大学レベルの研究・教育拠点を新設する方針だ。放射線や土壌回復などの研究を手掛ける産学官連携拠点を整備する。東京大学や東北大学などとの連携を視野に入れており、2020年以降に大学や大学院を設置することも ......

竹の利活用について考えるフェスティバル(鳥取県)

竹林の拡大を防ごうと竹の利活用や魅力について考えるイベントが鳥取市で開かれた。この「竹利用フェスティバル」は竹について理解を深めてもらおうと鳥取県が毎年開いている。講演会では竹の新しい利活用を進める事業者や研究者が、竹を使った粉炭やバイオマス発電の取り組みなどを紹介した。また、竹でとうろうを ......

部品が落下のおそれ 道路の通行止め続く(秋田県)

由利本荘市で風力発電機の羽根1枚が破損した事故で、現場では、ほかの部品も落下するおそれがあることから、付近の道路の通行止めが続いています。この事故は17日午前、由利本荘市石脇の本荘マリーナ近くにある風力発電機の羽根1枚が破損しているのが見つかったものです。由利本荘警察署によりますと、現場付近 ......

現場付近の通行止め続く 風力発電羽根破損

秋田県由利本荘市で風力発電機の羽根1枚が破損した事故で、現場付近の道路は通行止めが続いていて、復旧の見通しは立っていない。 この事故は17日午前、由利本荘市の海岸に設置されている風力発電機の羽根1枚が破損しているのが見つかったもの。警察によると、付近には長さが数十メートルの複数の部品が散乱し ......

東北大と東北特殊鋼、クラッド鋼板開発 様々な振動から発電する新素材

このクラッド構造によって、鉄・コバルト系磁歪材料単独の場合よりも、数倍から20倍以上の振動発電出力を実験で確認。 加えて、電磁力学場の数値シミュレーションにより増幅機構解明にも成功。増幅の仕組みをモデル化できたことは、今後の実用化研究を加速させる。 身のまわりの生活振動や工場設備などの微小な振動を ......

現場付近の通行止め続く 風力発電羽根破損(秋田県)

秋田県由利本荘市で風力発電機の羽根1枚が破損した事故で、現場付近の道路は通行止めが続いていて、復旧の見通しは立っていない。 この事故は17日午前、由利本荘市の海岸に設置されている風力発電機の羽根1枚が破損しているのが見つかったもの。警察によると、付近には長さが数十メートルの複数の部品が散乱し ......

現場付近の通行止め続く 風力発電羽根破損

この事故は17日午前、由利本荘市の海岸に設置されている風力発電機の羽根1枚が破損しているのが見つかったもの。警察によると、付近には長さが数十メートルの複数の部品が散乱していて、風でほかの部品も落下するおそれがあることから、付近の道路は通行止めとなっている。風力発電機は茨城県の企業が管理してい ......

スポンサーリンク
トップへ戻る