2018年02月02日一覧

日立キャピタルらが青森県で風力発電所の商業運転を開始

日立キャピタル株式会社(以下「日立キャピタル」)は2月1日、青森県横浜町と共同出資で建設した「横浜町雲雀平(ひばりたいら)風力発電所」が商業運転を開始したと発表した。 発電所 ... 日立キャピタルグループは2013年以来、太陽光および風力発電などの事業を通じて、累計約30万トンのCO2排出量抑制に貢献している。...

日立キャピタルらが青森県で風力発電所の商業運転を開始

日立キャピタル株式会社(以下「日立キャピタル」)は2月1日、青森県横浜町と共同出資で建設した「横浜町雲雀平(ひばりたいら)風力発電所」が商業運転を開始した ... 発電所は2.3MWの風力発電システムを14基と蓄電池を併設した発電容量合計32.2MWで、年間予想発電量は一般家庭の電力消費量の約1万5000世帯分に ......

火力発電所でぼや 北陸電、けが人なし

北陸電力は2日、七尾大田火力発電所1号機(石川県七尾市)で施設内の電源用コードが焼ける火災が発生したと発表した。すぐに鎮火したため負傷者はおらず、同発電所の稼働にも影響はなかった。発電所の安全管理を巡っては、16年に志賀原子力発電所2号機(同県志賀町)の原子炉建屋に雨水が流入。今年1月に原因 ......

火力発電所でぼや 北陸電、けが人なし

北陸電力は2日、七尾大田火力発電所1号機(石川県七尾市)で施設内の電源用コードが焼ける火災が発生したと発表した。すぐに鎮火したため負傷者はおらず、同発電所の稼働にも影響はなかった。発電所の安全管理を巡っては、16年に志賀原子力発電所2号機(同県志賀町)の原子炉建屋に雨水が流入。今年1月に原因 ......

島根原発2号機、地震想定を規制委が大筋了承

原子力規制委員会は2日、中国電力島根原子力発電所2号機(島根県)の再稼働に向けた安全審査の会合で、同原発を襲う最大の地震の揺れの想定値を820ガル(ガルは加速度の単位)とすることで大筋了承した。従来の800ガルから引き上げた。原発近くを走る活断層の長さを、従来の1.5倍となる39キロメートルに評価し直 ......

北電、結論3月に先延ばし

北海道電力は2日、泊原子力発電所(泊村)の再稼働に向けた安全審査会合で争点の一つとなっている敷地内の活断層の有無について、検証結果の取りまとめの時期を延期すると明らかにした。当初は1月下旬としていたが、それを3月中旬ごろへ変更する。同日開かれた審査会合で原子力規制委員会に伝えた。 敷地内に活 ......

北電、原発敷地内の活断層有無結論先延ばし

北海道電力は2日、泊原子力発電所(泊村)の再稼働に向けた安全審査会合で争点の一つとなっている敷地内の活断層の有無について、検証結果の取りまとめの時期を延期すると明らかにした。当初は1月下旬としていたが、それを3月中旬ごろへ変更する。同日開かれた審査会合で原子力規制委員会に伝えた。 泊原子力 ......

オムロンなど、高圧向けパワーオプティマイザとパワコンの提供開始

オムロン株式会社とイスラエルのSE社(SolarEdge Technologies Inc.)は1月31日、国内での高圧用太陽光発電システムに向けた新たなソリューション ... そして、SE社のDC最適化ソリューションを搭載したパワーオプティマイザとパワコンは、個々のモジュールレベルで発電量を最大化すると同時に、太陽光システムの ......

たんぽぽ舎メルマガ NO.3279/新たな原発被害救済の枠組みを作る

原発事故の除染土 原子力機構内で埋設…ほか メルマガ読者から .... 経営の苦労はないが、原発推進の三神話、「安全神話」「安定供給神話」「安価神話」の虚偽維持のため、原子力ムラ育成には貢献してきた。政官学とマスコミ対策 ... 原発が全く発電していないのに、年間原発発電費として3,000億円?!電気を全く購入してい ......

水俣市にメガソーラー、売電収入で熊本地震の復興支援

一般社団法人・全国ご当地エネルギー協会は、熊本県水俣市でメガソーラー(大規模太陽光発電所)「水俣薄原(すすばる)太陽光発電所」を建設し、2018年1月21日に竣工 ... 太陽光パネルは中国のJAソーラー製、パワーコンディショナー(PCS)は台湾のデルタ電子製を採用した。 ... 発電した電力は九州電力に全量売電する。...

スポンサーリンク
トップへ戻る