2018年01月20日一覧

水素30%混焼で発電時のCO2を10%低減 大型高効率ガスタービンで成功

ガスタービンの燃料に水素を使う研究開発も、分散型発電や地域コージェネレーション(熱電併給)に適した小規模火力発電所向けの中小型ガスタービンが先行している。今回、大規模火力発電所向け大型ガスタービンの水素燃料化に向けた試験に成功したことで、発電時の地球環境負荷の抑制に大きく貢献することが期待 ......

水素30%混焼で発電時のCO2を10%低減 大型高効率ガスタービンで成功?

水素燃焼用に新たに開発した燃焼器(バーナー)などにより、天然ガスに水素を混ぜた場合でも安定的に燃焼できることを確認したもので、水素30%混焼により従来の天然ガス火力発電と比べて発電時のCO2排出量を10%低減することが可能となる。 今回の水素混焼試験は、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合 ......

水素30%混焼で発電時のCO2を10%低減 大型高効率ガスタービンで成功

ガスタービンの燃料に水素を使う研究開発も、分散型発電や地域コージェネレーション(熱電併給)に適した小規模火力発電所向けの中小型ガスタービンが先行している。今回、大規模火力発電所向け大型ガスタービンの水素燃料化に向けた試験に成功したことで、発電時の地球環境負荷の抑制に大きく貢献することが期待 ......

水素30%混焼で発電時のCO2を10%低減 大型高効率ガスタービンで成功

今回の水素混焼試験は、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成事業である「水素社会構築技術開発事業」の一環として、MHPS高砂工場にある実圧燃焼試験設備で、63%以上の発電効率を誇る天然ガス焚きJ形ガスタービンの予混合燃焼器により、70万kWの出力に相当するタービン入口 ......

水素30%混焼で発電時のCO2を10%低減 大型高効率ガスタービンで成功

ガスタービンの燃料に水素を使う研究開発も、分散型発電や地域コージェネレーション(熱電併給)に適した小規模火力発電所向けの中小型ガスタービンが先行している。今回、大規模火力発電所向け大型ガスタービンの水素燃料化に向けた試験に成功したことで、発電時の地球環境負荷の抑制に大きく貢献することが期待 ......

作家、広瀬隆氏、原子力規制委の更田豊志委員長を「人殺し」と罵倒!

約1時間半の講演のうち、20分ほどを日本原子力発電や原子力規制委員会の批判に割いた。 同規制委の更田(ふけた)豊志委員長を「妙な名前の男」と呼び、「更田は人殺し」「首根っこつかんでぶん殴ってやりたい」などと汚い言葉でののしった。 さらに、講演の最後には「『更田を(規制委の委員長)ポストから外せ』という運動 ......

ガソリン高の背景に原油相場の上昇あり

運送業者や石油火力発電のコスト上昇で配送費用や電気代の上昇にもつながるかもしれません。日本のようにエネルギーを ... 話を日本に戻すと、産油国の経済が良くなってきてもガソリン高は家計にとってよくないという方は、原油相場に連動する投資商品を買うことで原油高に備えることができます。原油ETF、原油CFD、 ......

ドローンビジネス「視界良好」 京都の企業、データ収集活用

ドローンの販売や関連サービスを手掛けるワールドリンク&カンパニー(京都市北区)は、風力発電所の建設計画地の風速や風向を簡易に計測するサービスを2月に始める。農林業の分野でも、空撮で作物の生育を調べたり、山林の現状を把握したりする取り組みが進められている。 ワールドリンク社は、飛行中のドローンの傾き ......

勝野電事連会長「原発の新増設は必要」

勝野電事連会長は、「足元では、しっかりと(原発の)再稼働を進めていくが、中長期的には新増設、リプレイスは、おのずと必要になってくる」と述べた。 電気事業連合会の勝野会長は、定例会見で、政府のエネルギー基本計画見直しに関連して、「原子力発電は、重要なベースロード(基礎負荷)電源」と指摘し、新増設は「おのずと ......

勝野電事連会長「原発の新増設は必要」

勝野電事連会長は、「足元では、しっかりと(原発の)再稼働を進めていくが、中長期的には新増設、リプレイスは、おのずと必要になってくる」と述べた。 電気事業連合会の勝野会長は、定例会見で、政府のエネルギー基本計画見直しに関連して、「原子力発電は、重要なベースロード(基礎負荷)電源」と指摘し、新増設は「おのずと ......

スポンサーリンク
トップへ戻る