2018年01月17日一覧

美浜原発の見学者にVRスコープ 関電、安全対策を紹介

ドローンによる360度映像のほか、原子炉格納容器やタービン建屋、防潮堤の安全対策などを紹介する。110台の機器を配置する。原子力PR施設へのVR導入は同社が初めてという。 関電は昨年8月、大飯原発(福井県おおい町)の見学者向けにVRスコープを導入し、好評だったという。美浜原発ではPR施設にスコープを常備 ......

美浜原発の見学者にVRスコープ 関電、安全対策を紹介

関西電力は美浜原子力発電所(福井県美浜町)の見学者向けに、仮想現実(VR)技術を活用したスコープを導入する。20日からPRセンターでの案内や発電所見学会で活用し、原発への理解を深めてもらう。スタッフの説明を受けながら、通常入ることができない場所や見えない部分を疑似的に視覚体験できる。 見学者はVR ......

無許可で海の環境調査 東電と担当社員を書類送検 新潟

新潟県にある東京電力柏崎刈羽原子力発電所の周辺で、県の許可なく海藻や魚介類を採取する環境調査を行ったとして、東京電力と調査担当の社員が、県の漁業調整規則違反の疑いで書類送検されました。 続きを読む. 書類送検されたのは、東京電力と柏崎刈羽原発周辺の環境調査を担当する50代の社員です。...

無許可で海の環境調査 東電と担当社員を書類送検 新潟

新潟県にある東京電力柏崎刈羽原子力発電所の周辺で、県の許可なく海藻や魚介類を採取する環境調査を行ったとして、東京電力と調査担当の社員が、県の漁業調整規則違反の疑いで書類送検されました。 続きを読む. 書類送検されたのは、東京電力と柏崎刈羽原発周辺の環境調査を担当する50代の社員です。...

風力発電、目標の3割どまり 送電線の整備遅れ

風力による発電が伸び悩んでいる。2017年の導入量(発電所新設分)は16万9千キロワットと16年に比べて12%減少した。17年末の累積導入量は16年末より5%増えたものの、政府目標の約3割にとどまる。「太陽光偏重」となっている再生可能エネルギー。基幹電源となるためには、規制緩和や家庭などに届ける「送電線」 ......

風力発電、目標の3割どまり 送電線の整備遅れ

風力による発電が伸び悩んでいる。2017年の導入量(発電所新設分)は16万9千キロワットと16年に比べて12%減少した。17年末の累積導入量は16年末より5%増えたものの、政府目標の約3割にとどまる。「太陽光偏重」となっている再生可能エネルギー。基幹電源となるためには、規制緩和や家庭などに届ける「送電線」 ......

風力発電、目標の3割どまり 送電線の整備遅れ

日本の再生可能エネルギー発電の導入実績で、二極化が鮮明になってきた。風力発電の2017年末累積導入量は339万キロワットで、政府の導入目標の約3割にとどまる。7割近くに達する見込みの太陽光とは対照的だ。規制緩和、家庭などに届ける「送電線」の整備の遅れが背景にある。偏重解消が遅れれば再生エネが基幹 ......

風力発電、目標の3割どまり 送電線の整備遅れ

日本の再生可能エネルギー発電の導入実績で、二極化が鮮明になってきた。風力発電の2017年末累積導入量は339万キロワットで、政府の導入目標の約3割にとどまる。7割近くに達する見込みの太陽光とは対照的だ。規制緩和、家庭などに届ける「送電線」の整備の遅れが背景にある。偏重解消が遅れれば再生エネが基幹 ......

水素電池ドローンに未来を感じた!ロボデックス現地レポート

DJI社製の『Matrice 600』をベースとした機体にガソリンで駆動する発電機を搭載、4時間の連続飛行を可能にしたドローンです。 ... なお、水素電池を搭載した場合、リチウムイオン電池とくらべて長時間飛行が可能になるだけでなく、大型化した場合でも重量を軽くできるメリットがあるそうで、物流用ドローンなどへの応用も期待 ......

国内風力発電、規制多く伸び悩み 政府目標の3割

日本の再生可能エネルギー発電の導入実績で、二極化が鮮明になってきた。風力発電の2017年末累積導入量は339万キロワットで、政府の導入目標の約3割にとどまる。7割近くに達する見込みの太陽光とは対照的だ。規制緩和、家庭などに届ける「送電線」の整備の遅れが背景にある。偏重解消が遅れれば再生エネルギー ......

スポンサーリンク
トップへ戻る